エピソード

授賞式レポート(3) ~小学生の部 表彰~

2017年5月13日

第7回言の葉大賞授賞式の模様をお届けするシリーズの3回目です。

第1部のシンポジウムの後、休憩時間をはさみ、第2部は授賞式でした。

まず小学生の部の表彰です。
入賞6名のうち、最優秀賞を受賞された京都市立高倉小学校の宮田心晴さんが代表して表彰を受けました。
立命館小学校と名進研小学校で国語顧問をしておられ、作文指導の著書も多数ある、
岩下修先生がプレゼンターです。
170325小学生表彰DSC_0199.jpg

宮田さんは今回の受賞者の中で最年少にもかかわらず、堂々と表彰を受け、
「大きな式に出られてうれしいです」としっかり感想も言えました。
岩下先生からは、宮田さんの作品『つながる命』について、
「作文の最後に二つのエピソードをまとめて書いた点が素晴らしかったですよ」
と評し、この書き方は大人になってからも使えるということを教えて下さいました。

宮田さんの作文、「つながる命」はこちらでお読みいただけます。


次回は中学生の部の表彰の様子をお伝えします。