エピソード

授賞式レポート(4) ~中学生の部 表彰~

2017年5月25日

第7回言の葉大賞授賞式の模様をお届けするシリーズの4回目です。

今回は、中学生の部の表彰をご紹介します。
中学生の部は、74名の入賞者がおられました。
そのうち最優秀賞に6名、優秀賞に12名の方が選ばれました。
最優秀賞を受賞された箕面市立第六中学校の宮野稚那さんが、代表として表彰を受けました。
書籍、音楽、文具、飲食の複合店コーチャンフォーを展開している株式会社リライアブルの専務取締役で、
当協会の理事でもある佐藤薫氏より盾が授与されました。

宮野さんは「賞をもらったことがないので緊張しています。でも、すごくうれしいです」と
素直に感想を述べてくれました。
佐藤理事からは「言葉を大事にするってすばらしいことです。どうぞ良い人生を生きていってください」との
お祝いの言葉がありました。

宮野さんの作文「障害と戦う」はこちらでお読みいただけます。


余談ですが、佐藤理事が北海道釧路市から臨席とのアナウンスがあったので、
同じく釧路市から来られた一般の部の入賞者の方が会場でお話をされたところ、
偶然佐藤理事と同じ町内に住んでおられる方だったとか。
さまざまな出会いがあるのも「言の葉大賞」の良いところかもしれません。

170325中学生表彰DSC_4714.jpg

次回は高校生の部の表彰を
お伝えいたします。